長良杉パネルの製造販売、森林整備、素材生産、製材木材加工まで行う郡上市白鳥町にある林業事業体。

TOP
活動報告 REPORT

MidoriPressの取材

平成15年度から始まった「緑の雇用」

弊社は第一期生から受け入れをしていました。その縁もあってか、森林の担い手通信「MidoriPress」の取材を受けました。

 (弊社休憩室で取材を受ける津嶋)

MidoriPressはこちら

関西大学の学生さん御一行

関西大学の学生さん御一行

Ms建築設計事務所の三澤文子先生が教鞭を振るわれる関西大学の学生さんが、伐採搬出の現場を見学に来られました。

現場は高山市荘川町山中山国有林。弊社が飛騨森林管理署から請負で事業を行っている場所です。

座学・現場説明は、請負作業の発注元である飛騨森林管理署荘川森林事務所の森林官が対応して下さいました。いつも、大変わかりやすく説明してくださいます。

この後林内に移動し、伐倒→集材→造材と、一連の作業を見て頂きました。

P1150405.JPG 左はスイングヤーダで集材している場面です。実際はもっと長いラインを張りますが、見学ということで作業路から見やすい場所で行いました。

山から伐り出された材木が、最終的に家の部材として使われるまでに、どういう工程を経るのかという、最初の一歩をご覧になる機会は少ないと思いますので、少しでも役に立てて頂ければ幸いです。

というのが、現場も含めて私達の思いです。
 

足早に現場を後にして、午後からは弊社の工場で見学・実習でした。



製材→木材加工→長良杉パネル と見学する班。含水率測定・ヤング率測定の実習をする班。

どちらも駆け足でした。

多少なりとも、皆さんのお役に立てたなら幸いです。
 

森林文化アカデミー 辻先生御一行

森林文化アカデミー 辻先生御一行

森林文化アカデミーの辻先生御一行様が、弊社が請負事業を行っている山中山国有林の現場へ見学に来られました。

現場の説明は、荘川森林事務所の森林官にお願いしました。国有林の意義から実際の施業に至るまで、丁寧にわかりやすく、時にユーモアを交えて説明してくださいました。

 

伐採現場では、高性能林業機械(ハーベスタ)による造材の様子までご覧いただきました。

 

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10   

活動報告 REPORT

価格の改定について

スタッフブログ

2022.09/19 地拵(じごしらえ)と... 山林部造林班は、7月以来の「地拵」を再開しています。「地拵(じごしらえ)」という仕事は、森づくりの第一歩。苗を植えるためのスペースを空ける仕事になります。この現場は、「伐造一貫(ばつぞういっかん)」という仕事を、下請けでさせて頂いている現場。皆伐から地拵までの仕事になります。森づくりの第一歩ですが、実に地味な仕事です。機械化が進んできた林業ですが、一番遅れているのが造林作業の機械化ではないでしょうか?造林作業の中でも肉体的に一番厳しい下刈りは、下刈鎌→刈払機と機械化が一応図ら..